超小型犬 生後2か月のカニヘンダックスが我が家にやって来た。

2019年1月13日

生まれて約2か月のカニヘンダックス「さくら」が我が家にやって来た。

この日のことは、1年経った今でもしっかりと記憶している。

何せ、小さな室内犬を飼うのは初めてのこと。

夫婦二人して右も左もわからぬまま、初めはとにかくショップ担当者に教わったまますすめることにした。

スポンサーリンク

こうして愛犬さくとの生活が始まった。

ペットショップでさくを受け取る

諸々の契約を済ませ、ペットショップの担当者から説明を受けた後、手のひらサイズの小さな小さなさくらが私たちに手渡された。

今でこそ、人見知りが激しいさくらだが、このときばかりは、ガラスのショーケースから抱きかかえられ脱出できたことが、余程嬉しかったのか担当者に愛嬌を振りまき尻尾をぷりぷりさせながら我々の前に現れたのだ。

まだシャンプーも不可能なパピーだからか、し尿まみれのケースにいたからか、匂い消しスプレーをふりかけられ、私たち夫婦のもとに。

この後、車酔いしたときのためにと、紙屑をいっぱい敷き詰めたキャリーケースの中に入れられ、束の間の住まいであったペットショップを後にした。

さくらという名前の由来

名前は「さくら」にしようと決めていた。

というのも、「さくら」は、義父が孫に女の子が生まれたら付けたかった名前で、犬とはいえ、孫に変わりはないだろうと、縁あって私たちの大切な家族に加わった一匹娘に、その名前をいただくことにした。

こうして愛犬「さくら=通称さくちゃん」の名前が決まった。

さくちゃん家族と初顔合わせ

先ず初めに、さくらを実家の義両親に見せたく、ペットショップから直接義実家へ向かうことにした。

道中、さくちゃんが酔わないか気が気でなかったが、案外平気そうで、そればかりかケースから出せと催促するではないか。

キュンキュンキュンキュンとあまりに催促するものだからケースから出してみると膝の上で大人しく寛ぎだしたのでそのままにしておくことに。

それがこの時の様子。

愛犬のパピー時代の画像

そういえば昔飼っていた実家の犬も、親から引き離された最初の夜は、私の膝や首にまとわりついて離れなかったけ。今思えば切ない話だ。

さくらはというと、生みの親と離れて暮らす間に度胸が据わったのか、初日から育ての親となる我々に対し心を開いてくれたようなそんな感じがした。

実家に到着。

残念ながら名付け親の義父(じいちゃん)は留守で、義母(ばあちゃん)と義弟嫁と姪っ子がいてさくら初顔合わせ。

皆には、手を消毒をしてもらい、さくらをキャリーケースから出してみた。

初めのうちは、おどおどしながらその場の匂いをくんくん嗅いでいただけだったが、そのうちヨチヨチ足で歩き室内を物色。

すぐさま慣れたようで、いきなり走り始めた。

皆びっくり仰天。

それはそうと、実家で幼いころから犬を飼い続けてきた義弟嫁には、すぐに懐いて膝の上によじ登ったりして甘えた様子を見せていた。

こうして30分ほど遊ばせ、我が家に帰ることに。

我が家に到着 準備その①室内を温める

季節は冬。

飼い始めのあらましはショップ担当者から聞いていた。

先ず初めに部屋を温めなければならず、設定温度22度で暖房のスイッチを入れた。

準備その②ペットサークルの設置

それからキャリーケースから出す前に、ペットサークルの設置。

組み立ては極簡単で、組み立てたあとにピンを穴に入れるだけ。それからサークルにウォーターディッシュを取り付け、バスタオルを敷き詰めその上にトイレシートを敷きペットトイレを設置。

キャリーケースから、さくらをペットサークル内に移動させた。

パピーは所かまわず粗相をするし、回数も多く義実家でもやらかしていたが、ペットサークルにの中でも早々にやってくれた。

準備その③幼い犬の食事作り

幼いころは最低でも1日3回は食事を与えるように指示されていたのだが、できればもう少し回数を分散してもいいくらいだと思う。

しかし我が家は、自身も週に3日ほど仕事で留守にするため、さくの食事回数は最低ラインの1日3回に決めた。

この日、朝はペットショップで済ませてきていたため2回目の食事。

これも指示通り、計量カップにドッグフードを加えお湯でふやかし冷めたら、パピーミルク、パピーサプリ、パピーフレーク、ブドウ糖を加え混ぜ合わせる。

こうして完成したものを与えたらお腹が空いていたのか勢いよく食べてくれた。

パピー時代はこうしていつも決まったドッグフードをしっかり完食し、順調に日々過ぎていったが、ある日を境に食べムラがでるようになり、食べ物について悩むようになる。

それも、1年未満だったが成犬用フードに変更することで解決した。

来て早々だけど存在感が凄い

我が家に来て早々、とにかく元気いっぱい。

サークル内でよく食べよく遊び、そしてよく寝る

サークルから出してアピールはするわ

初日から存在感しっかり示している。ペットショップが恋しくないのか?不思議とちっとも寂しくなさそう。

それにしても、かあは初日にしてぐったり疲れた。

ちなみに、この日とおが撮ったさくらです。

当時を振り返って今思うこと。

今思えばカメラの性能が悪いスマホじゃなく、カメラでさくらのことを撮らなかったのかと後悔しています。

パピーの成長は早く、ほんの一瞬を逃すともうあの頃のさくちゃんを見ることはできないのに。

急き立てられるような毎日に最初の頃は、全くゆとりがありませんでした。

その代わりスマホでは毎日さくらの写真や動画を撮影しては、職場にいるとおにラインしていました。それだけが現在パピー時代のさくらを見ることのできる唯一の手段。

ちゃんとしたカメラで撮った写真はたったの数枚。それらは本当に大切な一生の宝物です。