愛犬ダックス 肝臓の数値が高い 思い当たる原因と改善策を考える。

今年の春受けた血液検査で肝臓の数値が高いことが判明。

「肝臓の数値が高いですね。人間の食べ物を何か与えていますか?」と獣医師に言われました。

ドキッ!

スポンサーリンク

カニヘンダックス 2歳と6ヶ月 体重3.7㎏ GPT81

愛犬の肝臓の数値を上げたと思われる食べ物は?

思い当たる食べ物と言えば、毎朝楽しみにしている食パンに無塩バターを塗ったもので

通称バタパン

ほんのひとかけらしか、食べさせていませんが、それでも塩分の高いパンに脂肪分の多いバター。良くないのはわかりきっています。

加えて、極たまーにですが、ウィンナー(通称ウィナー)とハムを少量

これらの加工食品は塩分が高いので、どうしても与えたい場合は茹でて、水洗いし塩抜きして与えると良いそうです。

といっても与えないに越したことはありませんよね。

ちなみに茹でて水洗いしたハムを味見したことがありますが、塩分が抜け落ちたハムは食べれたものじゃありませんでした。

また極たまーにバニラアイスを一口、カステラを一口

こうして正直に書いていますが、犬を愛する方々からは「△〇×△××〇!」罵られそうです。

そしてそして無類の肉好きさくらさん。

獣医師が言うには、味付けしていない肉とはいえ、全く問題ないわけではなく、ドッグフードには十分な量のタンパク質が含まれているから、余分に与える必要はないとのこと。

なるほどです。

肉類をトッピングする際には、フードの量を控えめにしていましたが、それでも良くなかったのかもしれません。

また犬専用のおやつでも、肝臓の数値を上げる原因になるようで、

人間に例えた場合、アルコールをどれだけ飲んでも肝臓の数値に影響がない人もいれば、少しの量でも肝臓の数値に影響を及ぼすこともある。犬でも個体差があるとのことです。

食生活を改める

おやつそのものは、おやつの質を見直し、与える量を減らしています。

今までも大した量を与えていたわけではありませんが、更に意識して減らしています。

食事面においては、朝夕2回のうち

朝はドッグフードを軽く与えています。

夕飯は、野菜は特に問題ないとのことですので、犬が食べても大丈夫な野菜と、肉類(主に鶏ささみや鶏むね肉に限定)を少量、それらを、野菜と共に二度茹でし、ドッグフードにトッピングしています。

因みに二度茹でするのは、灰汁と、肉類の余分な脂身をさらに取り除くためです。

これで暫く様子見です。

思えば小さな小さな肝臓

ほんの一口の積み重ねが、命取りになりますものね。

ドッグフードを療養食に変えるのも一つの方法ですが、今暫く様子見です。

それでも数値が変わらない、あるいは上がるといったことがあれば、次は更なる改善策が必要になってくることでしょう。