初めての室内犬 経緯とペットショップでの初期費用を全額公開。

長年、夫婦二人連れ添い平穏に生活して来ましたが、2019年1月ついに犬を飼う決断をしました。

スポンサーリンク

さくちゃんとの出会い 犬を飼うとこれだけの費用が掛かる話。

犬を飼う決断をするまでの経緯

夫(とお)にはずっと犬を飼いたいと言われ続けていたのですが、ペット不可の物件に住んでいることや、飼うとなれば世話が大変なこと。

犬が可愛いからというだけの安易な気持ちだけでは無理なこと。そしていつか悲しい別れがくること。遠い昔実家で犬を飼った経験のあるかあはこのことを言い訳にし、ずっとためらっていました。

それに、夫婦二人お気楽で快適な暮らしが覆ることは分かり切った話。

犬を飼ったら主な世話を誰がするのか。子育てをしたことがないかあにとって今さら夫以外の世話をするとは、体力が低下しつつある中年おばさんにとっては面倒なことこの上なし。

それでも犬を家族に迎え入れたいという夫に、ついに根負けし夫の仕事上がりを待って、急遽ホームセンターにあるペットコーナーへ犬を見に行くことにしました。

犬を飼い始めて1年が経過した今では、犬を飼う手段はいろいろあることが理解できますが、当時犬を飼うイコールペットショップという考えしか頭に浮かびませんでした。

ホームセンターではピンとくる犬に会えず

とおの中には漠然とした飼いたい犬のイメージがあったようですが、かあは直感を重視したいと思っていました。

犬はどの子も可愛いですが、この子だという子に出会えずホームセンターを後にしました。とおの仕事上がりを待って訪れたため時間が時間。あともう一軒くらいしか回る余裕がありません。

また改めて出直すことにし家路へ向かう途中、近くにまだ空いているペットショップがあることを思い出し立ち寄ってみることにしました。

愛犬さくちゃんとの出会い

1年前住んでいた地域にあったペットショップは複数の店舗を展開する、わりと大きなペットショップでペットの種類も豊富です。

店に到着しペットコーナーへ一目散に駆け寄りました。

ケース越しに何となく気になる子がいたのですが、小さなその見た目は群を抜いて可愛いとは言い難く色もさりとてかあ好みではありません。

ペットショップ

ケースの中に入れられていた小さなさくら

で、かあは可愛い顔した真っ白のキャバリアに引き付けられ、すぐに店員を呼び寄せ抱かせてもらうことにしました。

ちなみにパピーはまだ免疫がついていないことから、抱かせてもらう前には必ず除菌が必要です。ペット専用の除菌洗浄ウォーターで手を除菌し抱かせてもらいます。

キャバリアは、ふわふわで見た目も可愛いく申し分ないのですが、聞けばかあの理想を超える大きさになるとのこと。これからも賃貸住まいを続ける我が家にとっては、無理だと諦めることにしました。

そこでとおに気になる子いた?と尋ねると、先ほどかあも何となく気になっていた子です。

犬種はカニヘンダックスで色はブラックタンの女の子。体も小さく、毛がもしゃもしゃした感じの子です。他犬種のパピーと同室でどちらがしたかわからないウン〇がなぜか容器の中に入っていました。

一方のパピーはそのときご飯中。

その子がそのウン〇を踏んづけやしないかとケース越し冷や冷やして見ていたのを昨日のことのように思い出します。

すぐさまスタッフを呼んで、今度はその子を抱かせてもらうことにしました。

それがこの写真。

大人しくかあに抱かれたさくら

抱いてみたら、しっくりくる何とも言えぬ可愛さ。

夫はと言えば、その子に一目ぼれしたくせに落っことすと怖いからと抱いてみることもなく、この子を飼うことに決めました。

さくちゃんに付いていた値段は

ずばり199,800円(税別)

それに加え1年未満で何かあった場合に備え、強制ではないですが保証付き安心パック16,200円の加入や、それとは別にペットショップ側で既に内臓済みのマイクロチップ10,800円と混合ワクチン1回分(8,640円)といった費用も必要になってきます。

また初めて室内犬を飼うにあたって事前に何の準備もせず、犬探しをしていた私たち。

スタッフからスターターキット11点(27,864円)をセットで購入すると20,000円の割引があると助言をもらい、諸々自分たちで揃えるより得だと判断し快諾しました。

それらを合わせた合計額が229,480円です。

ペットショップに代金の一部を支払う

その日は、もう時間的に遅かったことから明くる日さくらを迎えに来ることにし、ペットショップに代金の一部として10,000円預けて店を後にしました。

さくらを迎える当日

一夜明けいよいよさくらをお迎えする日。約束の時間にペットショップへ向かいました。

そこで事前にいろいろこと細かな説明を受けます。

犬を飼うのに必要なものをを購入

スターター11点セット(ペットサークルウォーターディッシュトイレトレー犬用トイレシートトイレのしつけスプレーパピーミルクパピーフレークパピーサプリブドウ糖犬用経口補水液粉末ドクター・エコのペット除菌洗浄ウォーター)以外にも必要なものがあるため、店舗スタッフの案内で店内を物色。

  • プロフェッショナルバランス3㎏(20%オフ)2,765円
  • ペットキャリーケース3,218円
  • ベッド1,382円
  • ペット用ウェットティッシュ300円
  • ステンレス製の食器718円
  • 天然消臭成分入りボディタオル214円×2
  • おもちゃのボール397円
  • おもちゃ279円
  • 両目グシ700円

飼い始めてすぐにでも必要な上記の物に加え

すぐに必要ないものですが以下のものもついでに購入しました。

  • デンタルトーイキャンディ268円
  • クイックハーフ子犬用(シャンプー&リンス)1,620円

ペット保険に年払いで加入

また、ふいの病気・怪我・事故に備えてペット保険にも加入しました。

年間保険料36,040円。医療費の7割を保険で賄うペット保険です。

これは銀行引き落としの一括払いにしてもらいました。

〆て合計は

303,601円

これ以外にも、まだまだ掛かるお金。パピーは混合ワクチンや狂犬病ワクチンなど僅か2~3か月の間に湯水のようにお金が流れていきます。

おわりに

今振り返るとゾッとするような出費ですが、よくもまあ決断できたなと思います。

飼いだしたら飼いだしたで月々の出費もバカになりません。このことについてもまた改めて。

それにしても何日かタイミングがずれていたらと思うと、さくちゃんに出会えていなかったかもしれないのです。この日さくちゃんを飼うと決めて本当に良かった。

というわけで、初めて犬を飼う人にむけ、我が家はこれだけのお金が掛かったという話ですが、犬と言えど飼いだしたら家族。

低所得世帯に属する我が家ですが、生涯さくちゃんにはできるだけのことをしていきたいと思っています。