愛犬に獣医師推奨のコラーゲン補充&ヘルニア予防に鶏軟骨 とろりと煮込んだうまご飯。

愛犬ダックスさくちゃんの腹部脱毛(一部剥げた状態)にコラーゲンを補充するため、獣医師からすすめられた煮込み鶏軟骨にチャレンジすることにしました。

獣医師に教わった作り方ですが、2週間分ほどの量の軟骨に水と塩(少々)を加え、圧力鍋でとろける状態になるまで煮込みます。

冷めたら製氷機に移し冷凍保存、通常のご飯に愛犬の足のサイズほどの量をスープと共に加えて与えます。

カニヘンダックス足の部分示す画像

しかしながら、我が家に圧力鍋はなく、ストウブ鍋でじっくり煮込むことにしました。

スポンサーリンク

愛犬のコラーゲン不足を解消 ストウブ鍋で作る煮込み鶏軟骨。

鶏のひざ軟骨画像

先ずは、鶏軟骨を準備。

やわらかい、カッパ(やげん軟骨)が欲しかったのですが、その日に限って見つけることができず、げんこつ(ひざ軟骨)で煮込み軟骨を作ることに。

げんこつでもじっくり煮込めば、問題なくぷるんぷるんにとろけそうなほどやわらかくなります。

因みに鶏手羽先の先の尖った部分でも、やわらかく煮込めば良いそうです。

手順その①

鍋に水と塩を加えた調理過程のひざ軟骨画像

ストウブ鍋に、水と塩(小匙弱)を加え蓋をし、弱火でじっくり鶏軟骨がぷるんぷるんとした状態になるまでじっくり煮込む。

推定30分以上は煮込みました。

手順その②

ぷるんぷるんにやわらかくなるまで煮込んだ鶏のひざ軟骨画像

途中で鍋蓋を開け軟骨の状態をチェックし、鶏軟骨がやわらかくなっていたら、網杓子で鶏軟骨を一旦取り出し、愛犬が食べやすい大きさまで細かく刻みます。

細かく刻んだ鶏軟骨を再び鍋に戻し、煮込んで完成。

鍋で煮込んだ鶏のひざ軟骨画像

圧力鍋だと、余計な手間も要らず、もっとトロトロになるかと。

とはいえ、見た目はゴロゴロしていますが、実際はとてもやわらかく仕上がっています。

それにしても、スープが少ないですね。もっとたっぷり水を加えていれば良かったです。

手順その③

ジップロックに移した鶏の煮込みひざ軟骨画像

冷めたら製氷機に移し冷凍保存します。

我が家には、余分に製氷機がないのでジップロックに移し、後で取り出しやすいよう、平らにして菜箸で区切りを入れ冷凍保存しました。

早速、できたての煮込み鶏軟骨を加えてご飯を作ってみました。

できたての煮込み鶏軟骨と砂肝と野菜を加えた煮込みご飯

  • 煮込み鶏軟骨
  • 砂肝
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ

冷凍鶏軟骨と鶏レバーと野菜を加えた煮込みご飯。

  • 煮込み鶏軟骨
  • サッと湯がいた鶏レバー
  • キャベツ
  • ニンジン
  • かぼちゃ

さくちゃんいつにも増して食いつきが良く、息つく間もなくたいらげました。

鶏軟骨はヘルニア予防にもなるらしいです。

獣医師が言うには、体重管理をするよりは、軟骨を与えることでヘルニア予防にもなるとのこと。

確かに人間でもコラーゲンが減少すると、さまざまな部位に不調が起こります。

食いしん坊で太りやすいさくちゃん。

体重も気になるけど、鶏軟骨がヘルニア予防になるなら続けないとね。

煮込んでいるときの匂いが、たまらなく美味しそうだったから、次はとおとかあの分も余分に作ろうと思います。