自己主張強め 我が道を行く愛犬さくらさん。

共に生活する上で必要な躾はできていると思うし(多分)、日々の暮らしの中で、我々を困らすことは殆どない。

ただ時々、小心者のクセに自己主張が強く、頑固な一面をのぞかせる困った犬さくらさんなのであった。

スポンサーリンク

これだけは譲れない愛犬さくらさんのいろいろ

例えば散歩

散歩は好んで行こうとしないし、どちらかといえば嫌い

正しく言えば、抱きかかえられての散歩は好き

人の首の後ろによじ登ってへばりつき、高い位置であちらこちらの風景を眺めながら移動するのが大好きなのだ。

車、バイク、自転車といった乗り物に乗って何処かへ行くのも大好き。

そんな、わがまま娘のさくらだが、極まれに歩きたがることもあって、そういうときはとことん付き合う。

自由自在にさくら自身が歩きたい方向へと向かう。それも用を足せば、家路へとまっしぐら。

パピー時代から今の今まで散歩という散歩

地面に下した途端、即Uターン

どうしようもない散歩嫌い

散歩嫌いについては、一度獣医師に訊いたことがある。

獣医師が言うには、散歩が嫌いなら無理に連れ出さないで良いそうで、小型犬なら室内でも十分運動量は満たせるとのこと。

さくらが運動量を満たしているかは疑問だが、何かのキッカケで、狭い室内を大暴走をすることがあり、そのときは「走れ~走れ~」とあおるようにしている。

その声に触発されて、さくらも走るわ走るわ。

それこそ、こんなときは運動量を十分満たしていると思う。

極まれに歩きたがる散歩についてだが、気が向かない方向へは、地面に前足で踏ん張って、テコでも動こうとしない。

無理やり連れて行こうとしたら、首輪が外れるほど拒否る

首輪が外れでもして、車道に飛び出したら危険なので、こんなときは無理強いはしないことにしている。

実際、首輪が外れて焦ったこともあるから。

その点、飼い主としてちゃんと躾ができていないことは認める。

飼い主の意に背き、犬が勝手に行きたい方向に行くのは、飼い主をバカにしている行動の一つであると、ある記事で読んだことがある。

バカにされているような感覚は全くないのだけど。

かあ
かあ

バカにしてるわけじゃないよね

人一倍ならぬ犬一倍 警戒心が強いさくらさん

さくらは、家族以外には警戒心が強く、他人様には、なかなか触らせようとしない

人に全く興味がないわけではなく、一度でも会ったことのある人のことは意外と覚えていて、次に会ったときは、知っていますよ的な態度を示し、尻尾ぷりぷりして吠えたり、喉の奥から妙な声を出して鳴いたりする。

それなのに簡単には触らせようとはしない。

そのくせ遊んでもらったり、おやつをもらうときだけは、相手様にギリギリまで近づいてお手やふせといったポーズをする。

おいでと手を差し伸べ、抱きかかえようとすると、スルッと逃げる。

さくらは、ものすごく警戒心が強く、超がつくビビり犬なのである。

飼い主が食事中であろうが、日課をこなすさくらさん

自分が食事を満足に終えたら、我々が食事中だろうが何だろうが、いつもの日課に入る

引っ越し前は、ボール遊びと未使用の二つの部屋の探検が日課だったが、引っ越し後の日課は、一つしかない未使用の部屋を隅から隅まで散策し、そこにあるおもちゃを一つ選んで持ってくる。

持ってくるだけで満足して、放置プレイ

次は、ちゅちゅ椅子と名付けた丸椅子に座らせること。

その丸椅子は、さくらだけで座っていることができない小さな椅子のため、とおが、さくらのことを支えるのだが、これがチャンスとばかり、とおの顔を舐め回すのが、このときのさくらの目的。

だからちゅちゅ椅子なのだ。

次は、玄関前で待機

とおに抱えられて、近くの公園へ夜のミニ散歩。

これらが一連の日課となっているのだが、

我々が食事を終えるまで「マテ」と伝え、無視していたら

キュンキュン甘え声で催促する

心理をついてくるのだ

結局いつも食事を慌てて済ませ、さくらに付き合う羽目になる。

さくらさん わりと頑固な性格ですが、何か?

まだ他にも、あるが今日はここまで。

かあが仕事をしている平日の3日間は、大人しく留守番をして日中はほぼ寝てばかり。

かといって、とおとかあが休みの週末も、ゲームやビデオを見たり、自分たちがやりたいことばかりやって、ずっとさくらの相手にしてるわけではない。

犬は総じて我慢強い。

小型犬でもそれは同じで、普段じっと耐えて我慢していることの方が多いのだ。

ペットと割り切ってしまえばそれまでだけど、我が家では愛犬は大切な家族。

好き放題にさせるわけではないが、活動時間はできるだけ付き合ってあげたいと思っている。