胴長ダックスが楽々入れる リュック兼用キャリーバッグ購入レビュー。

ペット用スリングバッグ画像

4㎏近い我が家のカニヘンダックスさくらさん。

見た目は小さな犬ですが、脂肪分多めのずっしりワンちゃんです。ちょっとした移動に今まで使っていたペット用スリングバッグでは、肩がずっしり重さを感じるようになってきました。

というわけで、背中に背負うこともできるキャリーバッグを購入することにしました。

スポンサーリンク

3way(背負う・持つ・掛ける)タイプの布製キャリーバッグ

迷いに迷い選んだバッグがソフトタイプの布製キャリーバッグです。

3way(背負う・持つ・掛ける)タイプの布製キャリーバッグ画像

サイズ

  • 外寸(幅44㎝×奥25㎝×高さ33㎝)
  • 内寸(幅43㎝×奥22㎝×高さ30㎝)
  • 耐荷重(耐えられる重さ):5㎏未満

出し入れしやすいメッシュ状の片側扉

布製キャリーバッグサイド画像

ダックス特有の胴長体制を維持したまま中に入ることができるキャリーバッグです。

メッシュ状の片方の扉は、ファスナー全開でフルオープン。スムーズに出し入れしやすいところが、このバッグの良いところです。

丈夫でよれない中敷きマット

中敷きマットは2枚重ねで取り外しが可能。暖かい季節は一方の裏起毛素材を取り除いて使用することもできます。

2枚重ねの中敷きマット画像

マットは意外に頑丈で、4㎏近い愛犬が中に入ってもくにゃっと折れ曲がることはありません。

開放感のある天窓 但し飛び出しには注意が必要

バッグの取っ手部分は、チャックを開けると中の様子を伺うことができる天窓式。

キャリーバッグの取っ手 天窓画像

全開にしてしまうと体の小さなペットだと、そこからすっぽり外に飛び出してしまうことも。

さくらも、この天窓から体をよじって外に脱走してしまいました。

飛び出し防止に、バッグの内側にあるDカンに、リード又は首輪をカラビナフック等で繋ぎ止めておくと安心ですね。

バッグの内側にあるDカン画像

バッグ全体 通気性にもこだわった構造

キャリーバッグ正面画像

正面にあるカバーをめくり、丸めてボタンで固定すると、メッシュ素材でできた窓があらわになり通気性抜群。

サイド、背面含め全体的にペットの快適さを考慮した造りです。

リュックとして使う場合長さを調整できる

キャリーバッグ背面画像

リュックとして使う場合、紐の長さを調整することもでき、ズレ防止のベルトで固定することもできます。

実際に使ってみたところ

バッグに慣れてもらうため、試しに目の前に差し出すと初めは警戒しまくりでしたが、暫くすると自分から出たり入ったりを繰り返していました。

バッグを利用したお出かけ本番当日。出かけることが大好きなさくらは、我々が準備を始めると置いていかれまいとソワソワ。

バッグに入らないと連れて行けないよと意思表示することで、自らバッグの中に入ってくれました。

実際に背負って移動している最中、とても大人しくしていました。

リュックとしての使用感ですが、キャリーバッグそのものの重量が1.4㎏、そこに4㎏近い愛犬を乗せるとグンと重さを感じることに変わりありません。

今後の主な使用目的は原付で病院に連れて行くとき等、さくらをリュックバッグに乗せて移動すれば便利かと。

スーツケースのキャリバーにベルトを通すこともできるので、バスや電車や新幹線といった公共の交通機関を利用する際にも使えます。

お値段も手頃で、機能性抜群。色もデザインも控えめで目立ち過ぎず尚且つ造りも丈夫。不要な時は折りたたんで収納できるため、もともとあるハードタイプのキャリーケースと比べ場所も取らずお手軽です。

現在、我が家では雨天時の原付移動に役立っています。

購入してから約1年、現在の使用状況を報告させていただきます。

とおにゃんが仕事で留守の週末は、かあにゃんとさくらのふたりきり。

そうなると、さくらを連れ原付で移動することも多く、晴れの日は斜めがけのスリングバッグを使用していますが、雨の日はこのキャリーバッグに乗せ移動しています。

雨の日は、応急措置としてキャリーバッグにナイロンを巻き付け「ばあのとこ行くよ」と声掛けするとご覧の通り

自ら喜んで入ってくれます。

背中に背負い雨の中を数キロ移動。

信号で止まる度、中でゴソゴソ

バッグには雨がしみ込んでいるものの、さくらは少しも濡れることなく目的地に到着することができます。

はやく、公共の乗り物に乗って何処がさくらが楽しめそうなところへ行くことができればいいな。